見取り図

国分建設で理想のマイホームを建てる|自由設計で快適空間

選択する時の注意点

一軒家

換気することが大事

高気密住宅で大事なことは計画的に換気することです。高気密住宅は普通の住宅のような自然な換気だけでは空気が淀んでしまいます。空気が悪くなると様々な病気にかかりやすくなってしまいます。高気密住宅は換気することを前提としています。住みやすさに重点を置いた場合、高気密住宅は気温の変化という体調を崩す大きな要因を排除する有効な手段ですが、熱を循環させる特性上、空気も逃がしにくくなります。そうなることで住宅内の空気中に舞う細菌やウイルスが増殖してしまう原因になってしまいます。健康に気を付けながら住む住宅はストレスを溜めてしまいます。それをなくすために高気密住宅を選択することは有効な事です。しかし換気することを忘れずにいる必要があります。

寒い地域で多い傾向がある

高気密住宅の特徴は空気を留めることで冷房や暖房の効率的に使えるように設計された住宅なので、普通の住宅に比べて高い気密性を誇り、それが選ばれる大きな要因になっています。特に厳冬になりやすい地域で高気密住宅がよく選ばれる傾向があります。冬になれば当然ながら部屋を暖めなければいけません。寒さは命を落とす原因になります。しかし、家の中を暖めても普通の住宅では外に熱が逃げてしまい家を暖めることにお金が余計に使わなければならなくなります。高気密住宅ならば外に逃げる熱を住宅内に留めます。熱が逃げないことで暖房設備の使用を抑え、電気代などの節約になります。同時に熱を長時間留めることで余計な出費を抑えることで、更に節約が可能になります。